肌の水分量を高めるためのたとえ話

私はよく肌水分量について考える時、蓋つきコップを思い浮かべます。

 

肌が水分を溜めておくためには、貯水庫が必要で、それがコップです。
コップに水分を満たすには、水道の蛇口がコップの上になくてはなりません。
コップの中の水の蒸発を防いで、コップが倒れてもこぼれ落ちないようにしているのが蓋です。

 

コップが小さかったり、水道から水が少ししか注がれなかったり、蓋に穴があいていたりすれば、肌水分量を上げることができません。
みずみずしい肌を保つためには、少なくとも3つが揃わなくてはならないのです。

 

肌のコップは、ヒアルロン酸もその一つです。ヒアルロン酸1gで6リットルの保水が出来ます。リピジュアならその2倍。
ですが、ヒアルロン酸は、加齢とともに減少しますし、溜めておける水の量も少なくなっていくのです。
そのために、肌の外からヒアルロン酸を補ったり、他の保湿成分で貯水庫の働きをさせるのです。

 

肌のコップには、体の中からも外からも水が溜まっていきます。
体の中からは血液を通して、水分が補給されます。美肌のために、モデルさんが沢山お水を飲むのはそのためです。
体の外からは、ローションパックやマスクで、肌の上から水分を与えることで、コップに水を満たして行くわけです。

 

しかし、コップの蓋にヒビが入っていたり、穴が開いていたりすると、せっかく溜めた水も外気へと蒸発してしまうのです。
蓋のひび割れや、穴の補強は、セラミドという成分が行います。

 

最後に、肌の水分量を上げるためには、
 ・貯水庫
 ・水分補給
 ・バリア機能
の3つか完全に機能していなければ、うまくいかないのですよ。

 

 

肌水分量を上げるには、関連エントリー

肌は水分不足なのに、浸透してくれない
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
水分不足を感じている肌に、贅沢な保湿成分をたっぷりと
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
肌 かゆみ
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
顔の乾燥対策は、肌表面の水分量を失わないこと
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
持続しないうるおいに、美肌の喜びもつかの間
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
ドライスキンは、年齢肌の肌トラブル全ての原因となる
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
乾燥肌の人がセラミドを増やしたいと思った時
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
角質水分量が、乾燥対策に決め手だって知っているなら分かるはず
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
セラミドサポート成分配合の無添加コスメ
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
肌のキメが整うには、セラミドを生成し肌を強くすること
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。