ヒトの肌により近くナチュラルな化粧品

ヒトの肌バリア機能と同じ、ヒト型セラミドを複数種類配合している化粧品があります。即効でふっくらしたと言う訳でも、カサつく乾燥肌が一気に解消しというわけでもありませんでした。
ただ、いつの間にか肌の調子が良い、そんなナチュラル感が好きになりました。

 

ヒトの肌構造に寄り添い、自然に肌の調子があがるスキンケアと呼べるのは、エトヴォスのもの。中でも、保湿を重視したモイスチャライジングの考え方は、シンプルなのに攻めています。
ヒト型セラミド&タイトジャンクション化粧品

 

天然セラミドにこだわっているために、本来ならばコスト高のはずです。
研究所を兼ねた化粧品工場で、製造から販売まで一貫して行う事で、流通コストを下げて高からず安からず普通の価格帯となっています。

 

使用感は塗った感じがしないのに、気が付くと、メイクが崩れにくくなっている、空調の風があたるのが苦手でなくなっています。
体調の変化や季節の変わり目には、絶対ゆらいぐ体質で少なからず肌荒れが、あったはずなのに平気。
そんな自然体の化粧品と言うのが、私のエトボォスのモイスチャラインの印象。

 

タイトジャンクションの形成を促進

エトヴォスモイスチャラインは、セラミドに加えて、第二のバリア機能と呼ばれるタイトジャンクションの働きにも注目して、リニューアルしています。
バリア機能と言えば、角質層。

 

角質層はタテヨコに並んだ角質細胞の隙間を、セラミドなどの細胞間糖脂質によって埋められたものです。角質層が、外部の細菌や紫外線、気温の変化や湿度の変化から、肌組織を守っているバリア層です。

 

しかし、角質層でも突き破って侵入してしまう物質を、遮断するタイトジャンクションと言われる物質が、発見されました。
タイトジャンクションは、角質層の下にある顆粒層に位置します。
タイトジャンクションは、角質層を第一のバリア層であるとするならば、第二のバリア層となります。また、タイトジャンクションの働きが低下すると、角層に大きな影響を及ぼすことも分かってきています。

 

タイトジャンクションの形成を促進させると言われているホスホリンオリゴ糖Caは、ジャガイモの澱粉(デンプン)が材料となります。

 

簡単にタイトジャンクションの働きをまとめると、4つになります。

  1. 角層を弱酸性に保つ(中世に傾くとバリア機能は弱まる)
  2. 角質細胞間脂質の合成と代謝を保つ
  3. 角質層の保湿機能をコントロールする
  4. 古い角質の排出をコントロールする

 

つまり、バリア機能の働きを高めるには、タイトジャンクションも大切な役割を持っていることになります。

 

ヒト型セラミドを5種類も配合

即効で潤いを実感するわけではないのに、肌の調子が上がっている理由は、やはりヒト型セラミドのおかげとなります。
セラミドは複数の種類が組み合わさって、肌内部の保湿効果を高めていますが、コストなどの関係から、セラミド2、セラミド3、セラミド6と3種類ぐらいの配合が、普通の化粧品です。

 

モイスチャーラインは5種類も配合して、よりヒトの肌に近くしています。
番号毎の役割を、再度復習してみます。各々が存在してこそ、バリア機能はより、強固になります。

セラミド1   外部刺激からバリア機能をサポート
セラミド2   保湿機能をサポート(肌に最も多く存在)
セラミド3   保湿機能とシワの深さを軽減
セラミド5   角質の脂質バリア層を作り保持する機能
セラミド6U  ターンオーバーの促進とシワを軽減する機能

 

モイスチャライン3点セット

トライアルは4点セットですが、正規品は3点セットがちょっとお得です。

化粧水
美容液
保湿クリーム

 

化粧水

タイトジャンクションの働きをサポートするホスホリルオリゴ糖Caと、角層バリア機能を高めるセラミドで、潤いを逃がさない肌を作ります。
ホスホリルオリゴ糖Caは、なんど、肌自体がセラミドを生みだす力もサポートしてくれるのだとか。
ヒト型セラミド&タイトジャンクション化粧品

 

最近注目の保湿成分を余すことなく、入れ込んで、がっつり保湿を狙いたい人は満足できる内容になっています。

  • グリコシルセラミド
  • ヒアルロン酸
  • リピジュア
  • 天然保湿因子(NMF)
  • 植物性プラセンタエキス

 

つけた感じは、程良くゆっくりと浸透していきます。
油膜感もべたつき感もなく、強いしっとり感が体感できるわけではありませんが、潤っている状態が継続してつけ続けることで分かりました。

 

美容液

肌の柔らかさは、水分量の不足だけでなく、油分が不足していても駄目です。
5種類のヒト型セラミド(セラミド1、2、3、5、6U)とヒアルロン酸、天然保湿因子(NMF)等の保湿成分で、たっぷりと水分保持をつとめます。さらに、スクワラン、ホホバオイル、シアバターなどの油分を加わっているので、しなやかな柔らかい肌を目指せます。
ヒト型セラミド&タイトジャンクション化粧品

 

つけた感じは、柔らかく柔らかいクリームのよう。
ほんのりと油膜感があるけど、すぅーと浸透した後は、油膜感は薄れハリ感だけが残ります。
充分のほぐれて柔らかい肌は、次につけるクリームの栄養も全部吸い取ってくれるに違いありませんよ。

 

5種類のセラミドのおかげかな?朝の泡洗顔が、嫌でなくなりました。

 

保湿クリーム

これだけ柔らかく水分をたっぷり含んだクリームは、直ぐに肌の上で乾いてゴワゴワになりそうでしたが、つけた時と同じうるおい感が持続し続けます。
ヒト型セラミド&タイトジャンクション化粧品

 

美容液と同じ5種類のセラミドを配合し、さらにエイジングケア効果のある4種のビタミン(ビタミンA、B、C、E)を配合しています。天然植物成分だけでなく、ダイレクトにビタミンを投入しているところは、やっぱりドクターズコスメ。決して、雰囲気だけで配合しているわけでなく、肌への働きを計算しているのが伺えますよね。

 

敏感肌でも使える低刺激

エトヴォスのもう一つの魅力は、敏感肌でも使える低刺激処方であることです。
多くのドクターズコスメは、やはり効果重視で、低刺激を前面には出しません。

 

効果を狙いながらも低刺激の路線を外したくない、少し欲張り過ぎと感じますが、使ってみるとなるほどと思わせるほど、優しい働きに気が付くはずです。

 

最初に書きましたが、モイスチャラインは、4点アイテムのトライアルがあります。
初回購入時の特典です。
モイスチャーライントライアルキット

ヒト型セラミド&タイトジャンクション化粧品

 

 

 

バリア機能の鍵は、ヒト型セラミドとタイトジャンクションに関連エントリー

セラミド配合化粧品からセラミド産生促進へ移行 化粧品編
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
セラミド産生促進に関係している、コラーゲンの働き
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。