肌へしっかり送り込みたい水分なのに、浸透してくれないのは?

多くの女子が、自分の肌が水分不足だと気がつく瞬間は、小ジワやたるみになった時くらいです。
実は、冬にボッカリと開いてしまう毛穴も、肌のクスミも、薄くならないシミも、肌の水分量が低下していることが原因なのです。

 

肌の水分が不足しているようだわ、って呟ける女性は、多くの肌トラブルは乾燥肌が引き起こしていることをちゃんと、分かっている証拠です。

 

肌は水分を溜めこんで、急激な温度変化や、紫外線や活性酸素や細菌が肌内部を攻撃できないように、守っています。

 

古くなった角質を剥がれ落としやすいくしているのは、肌に水分が含まれているからです。
一度水に濡らして乾燥させた新聞紙は、はがれにくくなります。濡れたままですと、すんなり剥がれることが出来きるのと同じ原理です。
肌に沈着したニキビ跡や、シミ、クスミの原因であるシミ予備軍が、こびり付いて剥がれないのは、乾燥した新聞紙の状態だからです。

 

冬肌の毛穴が大きく感じるのは、乾燥して縮んだ皮膚が毛穴を引っ張っているためです。皮膚細胞を一つ、一つをふっくらさせれば、毛穴は引っ張られることなく、小さくなります。さらに、ハリや艶もでてきます。

 

肌の水分を補給しようと、無理やり水分を与えたところで吸収してくれません。
肌は、自分とは違った異物を嫌って浸透させないようにしているからです。
自分の仲間だと思って、しっかり自分の中に取り込み、水分を抱えてくれる保湿成分が必要です。

 

水分不足を改善する保湿成分は、保湿成分の名称や数、希少性のみを考えるのではなく、肌内部にはりこみ、保湿機能を果たすのか果たさないのかにかかってきます。

 

保湿成分は、実は、浸透力が決め手なのです。

 

 

 

【外部関連情報】
肌黒ずみ 乾燥
とりたてて大きな肌トラブルがあるわけではないのに、肌が全体的に黒ずんで見えるのは、肌乾燥している証拠です。年齢とともに弱まる肌の貯水力をサポートする、保湿重視の化粧品があります。20代〜30代のスキンケアにとにかく人気です。

 

 

肌は水分不足なのに、浸透してくれない関連エントリー

水分不足を感じている肌に、贅沢な保湿成分をたっぷりと
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
肌 かゆみ
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
顔の乾燥対策は、肌表面の水分量を失わないこと
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
持続しないうるおいに、美肌の喜びもつかの間
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
肌水分量を上げるには、
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
ドライスキンは、年齢肌の肌トラブル全ての原因となる
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
乾燥肌の人がセラミドを増やしたいと思った時
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
角質水分量が、乾燥対策に決め手だって知っているなら分かるはず
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
セラミドサポート成分配合の無添加コスメ
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
肌のキメが整うには、セラミドを生成し肌を強くすること
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。