肌の乾燥対策に気がついたら、肌内部の水分量を極力逃さない

最初に異変が気づく時は、顔の乾燥が原因なのだと思う人はいないのではないでしょうか?

 

『なんとなく肌がごわついて、硬くなってきたな?』というところからはじまって、あくびをしたら、頬がこわばってきたとか、顔をいつも掻いているなんてところから、変だなと思うのです。

 

それらの原因が肌の水分量不足であると気がつくまでに、少し時間がかかります。
水分を補給したり、乾燥対策の必要性を強く感じた頃は、小ジワができる一歩手前です。

 

私も冬になると、顔がくすむというか暗くなってどうしたのかな?と考えて年数が経つうちに、目の下がかゆくなり、乾燥していると認識したくらいです。

 

乾燥した顔にまず行いたいことは、顔が乾燥する原因を潰しておくこと。
でないと、いくら保湿成分を肌に流し込んだところで、穴のあいたバケツのように、抜けていくだけです。

 

冬肌が気になるシーズンだけでも、お化粧はナチュラルメイクにして、クレンジングの洗浄力の低いものにすると良いですね。
或いは、クレンジングは、肌に害のある成分が極力除かれた、石油系界面活性剤など使われていないものを選んでください。

 

洗顔石鹸も、低刺激なもので、洗い上がった後突っ張るようなものは、止めた方がいいです。
熱いお湯での洗顔や、ゴシゴシと手で顔を摩擦するのは厳禁です。
肌の表面の角質部分を傷つけないで、古い皮脂やメイクの汚れだけをとる気分で、顔を洗ってください。

 

角質部分の傷は、水分が蒸発する穴になります。
顔の水分量を失わないようにするためには、角質層を大切にすることが必要なのです。

 

乾燥が極度に気になる場合は、朝洗顔を抜いて、ローションや乳液で軽く表面の埃を落とすくらいがよいかと思います。

 

もし、すでに角質層が壊れていて、肌荒れや痒み、赤みが気になるようでしたら、角質層の成分を補給するという方法もあります。

 

角質層の成分で補給すると効果があるものは・・・
そうです。セラミドなのです。

顔の乾燥対策は、肌表面の水分量を失わないこと関連エントリー

肌は水分不足なのに、浸透してくれない
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
水分不足を感じている肌に、贅沢な保湿成分をたっぷりと
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
肌 かゆみ
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
持続しないうるおいに、美肌の喜びもつかの間
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
肌水分量を上げるには、
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
ドライスキンは、年齢肌の肌トラブル全ての原因となる
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
乾燥肌の人がセラミドを増やしたいと思った時
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
角質水分量が、乾燥対策に決め手だって知っているなら分かるはず
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
セラミドサポート成分配合の無添加コスメ
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。
肌のキメが整うには、セラミドを生成し肌を強くすること
保湿のチャンピオン成分として脚光を浴びてきたセラミドですが、 実際、何が何やらってことありませんか? よーく知って、美肌の最強の武器にしましよう。